ED治療薬は通販でOK!飲み方、効果、副作用について詳しく説明!

 

 

EDとは 30代男性から起こりえる症状

ED(イーディー)とは専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。
英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳され「勃起機能の低下」を意味します。
完全に勃起ができない状態が「ED」と捉えがちですが、「勃起に時間がかかったり」、「勃起しても途中で萎えてしまったり」して、好ましい性交ができないと思う人は、いずれも EDの疑いがあるのです。

ED治療薬といえば

 

 

EDの症状

満足のいく勃起が得られない、それがEDです。

「どういうわけか勃起しない」「近ごろ、性行為に思い悩んでいる」「絶えず満足のいくような性交ができない」「時として勃起しないことがある」「性行の途中で体力が尽きる」
こういった風に、EDといっても覚える症状は人それぞれに異なります。

正常な勃起とEDの違いは? 

性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わると、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が大きく拡がり血液が流れ込みます。これが正常に勃起している状態です。
血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという症状をもたらします。
糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかると、EDになるリスクが高くなるのはこのためです。

安心安全なEDの通販はこちらから(お薬ナビ)

 

日本人のED データ

成人男性の4人に1人が重軽度のED症状という実態

1998年に男性を対象として為された調査に因れば、成人男性の4人に1人が勃起が十分とは言えず、時折性交をすることが難しい中等度ED、若しくは、勃起しないためいつもながら性交ができない完全EDです。
不定期でできない軽症EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のびっくりすることには53%になります。

 

なぜEDに?原因は?

年齢だけに限らず、生活習慣のパターンがEDの原因に

そのように言われると加齢と共にEDになる割合は増えます。けれども、近頃では年齢のせいだけではないことが確認されています。
いつの間にかストレスをためていたり、変則的になった食事を続けていたり、マイカーでの通勤によるスポーツ不足、日頃のお酒の飲みすぎ、喫煙など、ライフサイクルパターンが原因となって起こる可能性が高いのです。
糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の方は、EDになるリスクはさらに上がってしまいます。

 動脈の拡がりが不十分だとEDになりやすい

性的刺激が脳の中からのサインにより、神経を通じて陰茎に伝わると、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が大きく拡大していき血液が流れ込みます。
これが規則正しく勃起している状態です。
血管自体に動脈硬化などの障害がある場合には、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がらないため、十分な量の血液が流れ込まず、勃起が起こらない、あるいは満足な勃起が得られないという症状をもたらします。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病にかかると、EDになるリスクが高くなるのはこのためです。

EDでお薬をお探しならこちら

 

 

 EDの原因① 精神的なストレスがある場合

心理的な要因で起こる「心因性ED」

誰にでも起こりうる、ひときわ多い現実

心因性EDは心因により、大きく分けると2つの要因によります。
1つ目は現実心因で、普段の何てことのないことがストレスとなり、このことよりでEDの原因となるパターンです。
例えば、パートナーの女性に「駄目ね」、「またね」「残念ね」などと言われ、その言葉遣いにナーバスに反応し、言葉のダメージでEDになったりすることもあったりします。
また、常日頃から疲労困憊している、結婚生活で奥さんと思い通りにならない、経済的なストレスがある、など自分自身でほぼ要因として身に覚えがあるものが現実心因です。
この場合、心理相談や薬の服薬で容易に治ることがあります。
もう1つは生活環境には特別メンタル的なストレスはないものの、子供の時の体験や性的トラウマなど以前の出来事に影響されて、心の深層にある原因がEDの要因となっているケースです。
深層心因の場合、ほとんどの場合は無意識ないし意識下の世界に影響されているため本人には心当たりがつかず、原因解明までに長い期間を要し、ケアが難しい場合がほとんどです。

 

 

 

EDの原因② 血管や神経に疾患のある場合

体の病気、外傷などで発生する「器質性ED」

生活習慣病により生じるED

糖尿病や高血圧などの生活習慣病が影響して、血管や神経が障害を受けて起こる器質性のEDです。
例えば、陰茎を通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こりがちになります。動脈硬化は全身病の1つと言われ、生活習慣病と密接しています。よって、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病を有する方はEDが起こりやすくなるのです。他方では過度の喫煙、飲酒もEDの原因と考えられています。

加齢により生じるED

年をとると、ゆくゆくEDの症状が現れてくることが多いと感じます。これは、年齢を重ねるにつれて、血管や神経に様々な障害が生じる為ですが、特に動脈硬化による血管障害はその要因のひとつです。加齢が要因のEDは避けられないものの、中高年になってからも勃起反応を維持するためには、日ごろよりEDの要因となっている病気の予防、ライフスタイルや嗜好性などに心掛けることが重要です。現実に、80歳を超える男性でも健康面でに問題なければED治療を行うことは困難ではありませんので、あきらめずにお医者さんに相談してみて下さい。

外傷や手術により生じるED

前立腺がんや膀胱がんの摘出術、直腸がんの切除術などの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危なさがあります。
従来は、がんの手術いうものは再発をブロックするためできるだけ相当な部分を取り去る施術がなされてていました。
しかしながら、近頃では施術後のライフスタイルにウェートを置き、勃起機能をキープするために神経や血管を可能な限り残す手術法をとっているドクターが多くいます。手術を行う前にドクターと充分な対話を行うことが肝心です。他には、外傷では交通事故などによる骨盤骨折や脊椎損傷がEDの原因としては最も多くなります。外傷の場合、麻痺や神経反射機能の程度によっては時間がかかるものの、回復する場合もあります。

神経の障害により生じるED

健康的な勃起のためには、神経が重要な影響を及ぼします。神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、身体全体に広がる末梢神経がありますが、性的刺激を受けた脳は、これらの神経を介して、その信号を陰茎に送ります。それを受けて、いずれかの神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらず、EDの要因となります。 脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患は、自律神経障害の原因となるためEDの要因となりますが、以前はあまり周知されていませんでした。近頃では、ED治療薬が販売されてからは一般のリハビリテーション病院でも性機能に関する相談を行う施設が急増しています。

その他の原因により生じるED

慢性腎不全の方や血液透析を受けている方では、ホルモンが変容したり、体内の動脈硬化や神経障害が段階を経て進行するためにEDが起こりやすくなります。また、前立腺肥大症、前立腺炎や精巣静脈瘤などの泌尿器科系の疾患もEDの原因となりえます。また、排尿状態が悪いことなどが精神的な悪影響を与えてEDが生じたり、治療法の一部にEDがもたらされる薬剤が含まれていることもあります。それ以外に、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、多発性硬化症などの疾患、生まれ持った病気により陰茎の形が性交に適さない場合なども、EDの原因となることがあります。

 

 

EDの原因③ 特定の薬剤を服用して生じるED(薬剤性ED)

抗うつ薬や降圧剤など、常日頃から服薬している薬剤が要因に。

服用している薬剤がEDを引き起こす要因となることもあります。 皆が知っている薬剤として、「中枢神経や末梢神経に作用する薬剤」、「循環器系に作用する薬剤」、「消化管に作用する薬剤」などがあります。 「抗うつ薬」や「降圧剤」など、普段服用している薬剤が原因になりうるので、注意が必要です。

中枢神経に作用する薬剤

・解熱・消炎鎮痛剤
・抗うつ薬
・抗けいれん薬
・抗精神病薬(メジャー・トランキライザー)
・催眠鎮静薬などの向精神薬

末梢神経に作用する薬剤

・鎮けい薬
・抗コリン薬

循環器系に作用する薬剤

・不整脈治療薬
・利尿剤
・降圧剤
・血管拡張剤
・脂質異常症治療剤

消化管に作用する薬剤

・消化性潰瘍治療薬
・抗コリン薬
・鎮けい薬

 

 

日常生活から見たED

何気ない生活習慣がEDの原因に

自覚すると意識することが、ED予防のスタートラインです。まず最初は、あなた自身の日常生活を検証して、心当たりがないか確認することが重要です。

・最中に不能になってしまうケースがある。
・最近「朝勃ち」をすることはほとんど無い。
・3回に1回位、性行為がスムーズにいかない。
→すでにEDがはじまっているかもしれません。

・喫煙する。
・常日頃からお酒を飲む。
・外食が頻繁である。
・ウエスト85cm以上、体脂肪率25%以上、肥満気味である。
・血糖値が高めである。
→生活習慣病からEDになる可能性があります。

・スポーツタイプの自転車によく乗る。
→血管や神経の障害が原因で起こるEDになる可能性があります。

・イライラすることが多い毎日だと思う。
・このところ気持ちが沈んで憂鬱である。
→心因性EDになる可能性があります。

・抗うつ剤や精神安定剤を服用している。
→薬剤性EDになる可能性があります。

・彼女、妻が相手だと勃起しにくい。
→心因性EDになる可能性があります。

 

 

生活習慣とED

血糖値が高めと言われたあなたへ

糖尿病とEDの関係って?

日本人男性の糖尿病患者数(予備軍含む)はおよそ138万人*1と推計されますが、糖尿病の患者さんは、糖尿病でない場合に比べて約2倍 もEDになりやすいことが知られています。糖尿病は生活習慣病の中でもEDの起こる割合が最も高い疾患であり、EDの原因として注意する必要があります。

なぜ糖尿病だとEDになりやすいのですか?

勃起は神経系と血管系が複雑に関わって起こります。ところが糖尿病によって血糖値の高い状態が続くと、これらの神経や血管が障害を受け、性的刺激がうまく陰茎に伝わらなかったり血液の流れが悪くなったりしてEDの症状が現れます。 糖尿病の進行度によりEDの症状も軽度から重度のものまであります。

 血圧が高めと言われたあなたへ

血圧とEDの関係って?

高血圧患者のED合併率は約70%と高く、さらに重症化しやすいという特徴があります。 日本人を対象とした研究でも、高血圧患者はそうでない患者の約2~3倍EDを合併しやすいといわれています。

どうして高血圧だとEDになりやすいの?

勃起は、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込むことで起こります。しかし、高血圧によって陰茎海綿体の動脈が障害を受けると、十分な量の血液が流れ込まず、EDの症状が現れます。また、服用している薬剤がEDの状態に影響を与えることもあるため、一度医師に相談しましょう。

肥満・運動不足が気になるあなたへ

肥満とEDの関係って?

肥満はEDと関連している可能性があり、BMI値が高いほどEDのリスクが上昇するとの海外データがあります。 特にBMI値が30kg/m2以上の人では、23kg/m2未満の人の約1.7倍リスクが高まることがわかっています。

運動不足もEDに影響がある?

運動不足とEDの関連も否定できません。 例えば、全く運動しない人のED発症リスクは、週2時間半以上ランニングをする人の約3倍というデータもあります。肥満や運動不足に心当たりがある人は、EDについて医師に相談してみましょう。

 

・ED ファイザーPhzer

・ED バイエルBAYER

・ED ケアサポート

・ED Yahooヘルスケア

・ED All About