バイアグラを通販購入しよう!

「バイアグラとは」

世界初となるEDの薬として完成したバイアグラは1998年にアメリカの製薬会社「ファイザー」から発売開始しました。青色でひし形の錠剤といえばバイアグラと判断できるほどの認知度があります。実際に錠剤を2つに割ると、表面の青色からガラリと変わって白い薬剤が現れます。
アメリカで発売開始されたスタート時からものすごい人気で、そのトピックがアッという間に各国へと駆け巡ると日本国内でもすぐにTVや雑誌などで報じられて周知されるようになりました。ですが「世紀の大発明」としてもてはやされていたこともあったため勘違いの考えを覚えてしまった方も少なくなく、性欲を増加させる興奮剤としての効果や陰茎を増大させる効果があると思っていた方もたくさんいました。そのため滅茶苦茶な服用をしてしまい健康被害が現れた方も少なくありませんでした。
また偽物の存在も社会問題となりました。闇市とも言えるところからバイアグラと思われるものを購入したことにより重大な健康被害が多発し、その中には心肺停止にまで陥った悲劇もありました。これらの被害により「バイアグラ=危険な薬」との先入観を抱くきっかけにもなりました。このような健康被害が発生したことがきっかけとなり日本の厚生労働省は日本国内でのバイアグラの製造販売を認可し、アメリカでの販売開始からおよそ1年後には日本国内でも販売が認められるようになりました。 現在国内で製造されるバイアグラは25mgと50mgの2種類。海外で製造される正規品は100mgもあります。

安心安全なEDの通販

 

バイアグラ誕生の逸話

EDに効果があるバイアグラですが、もともとはEDの改善を目的として作られたものではなく別の病気の治療薬として開発されていました。
バイアグラの成分のシルデナフィルを開発したファイザーは当初、この成分を狭心症の薬として開発しようという考えで研究がなされていました。しかし願ったような答えが残せず、研究は失敗かと思っていたところ、治験用に渡した薬を回収する際に、一向に返ってこないことにメーカーが気づきその理由を問いただしたところ、治験者のほとんどが陰茎に硬い勃起効果が見られることが判明したのです。このような偶然の産物によりの研究の方向を切り替え、以後に人類初のED治療薬バイアグラが誕生しました。今では世界中の多くの男性に愛され続けている奇跡の治療薬となっています。
ちなみにバイアグラの名の由来は「VITAL=活力」と「NIAGARA=ナイアガラの滝」の2つの単語を組みさわせた造語で、ナイアガラの滝のような男性の精力が現れることをイメージし、その名前がついたと言われています。

ED治療薬といえば

 

バイアグラの効果

淡い青とひし形の錠剤に象徴されるバイアグラ。空腹状態の時に使うことで成分のシルデナフィルが体内で溶解し、血流が改善することでペニスを膨張させ勃起を促す効果を見せます。 世界初のED治療薬として多くの男性に愛されているバイアグラ。長年ED症状に悩む多くの男性を救ってきましたが、どのような特徴があるのかみていきましょう。

なんといっても優れた勃起力

バイアグラの最大の特徴は何と言っても力強い勃起力です。バイアグラの他にもシアリス、レビトラ、といったED治療薬が販売されていますが、この中でペニスを硬くするのに長けているのはバイアグラです。
バイアグラは「シルデナフィル」と呼ばれる成分でできています。この「シルデナフィル」は本来は狭心症の治療薬として開発されていたいきさつがあり、血管を拡げ、血流を良くさせる効果作用があります。この作用によって陰茎にある海綿体が膨れ上がり、その結果強い勃起力をもたらすことができるわけです。 他のED治療薬の場合、バイアグラとは異なる成分でできているため勃起力に差がありますが、シルデナフィルはどの成分よりも硬くてハリのある勃起を体感することができます。
また「シルデナフィル」は、体に存在する酵素の生成を抑止する作用があります。人の体には勃起を抑制させる「ホスホジエステラーゼ5(PDE5)」といわれる酵素が存在します。PDE5が勃起不全の最強の敵で、体内でPDE5が充満すると興奮状態が得られにくくなり勃起がしづらい状態に陥ります。つまりPDE5の生成の抑制こそがバイアグラの最も大きな役割であり、この仕組みが作用することで初めてタフな勃起力が出現するわけなのです。

勃起効果の持続時間

服用したあと、性的な興奮を受けることで30分~1時間ほどで勃起がみられるようになります。 薬の効果は約5~6時間で、一度射精したあとでも性的刺激を受ければ再び強い勃起力が生きかえります。ですので射精後に再び服用する必要はありません。 ただし、バイアグラは勃起を強制的に生み出す薬ではありません。性的興奮が無い状態で飲んでも効果は現れませんのでその点は気を付ける必要があります。

 

 

バイアグラの種類と使用方法

バイアグラの種類はシルデナフィルの含有量ごとに「25mg」「50mg」「100mg」があり、体格に合わせて服用できる量が違います。 日本人のように体格がそれほど大きくない場合は50mg錠1つで十分な効果ができますし、25mgで十分な勃起が現れる場合は用量を増やさずに適用量を飲み続けることが重要です。また、日本国内の病院では処方されていない100mg錠が海外では販売されていますが、100mgは欧米人のような体格大きな方にとってちょうど良い用量ですので、もし100mg錠を手にされた場合は錠剤を半分に割って使うようにしましょう。50mg錠を飲んでもあまり効果が得られない場合は100mg錠を服用しても構いませんがそれ以上の服用は危険です。多く飲んだとしても勃起力が強くなることはなく、逆に副作用が強く現れることがあります。”
また、バイアグラは偽物が多く存在する特異な薬でもあります。偽物の多くは粗悪な場所で作られており、成分も得体の知れないものが含まれています。購入方法を誤ると偽物を手にしてしまうことになりますので十分に注意が必要です。

 

バイアグラ使用時の注意点

バイアグラは独特な服用方法があります。
まず、性行為の約1時間前までに水で服用します。手元に水が無い場合でしたらアルコール、お茶、清涼飲料水で服用しても特に問題はありませんが、牛乳などといった脂肪分の多い飲み物は避けた方が良いでしょう。脂肪分が体内で浸透することで薬の吸収が上手くできなくなる可能性があります。バイアグラの場合、薬の作用時間は服用後5~6時間程度で服用できる量は1日1錠です。※硝酸剤を現在利用している方は飲めません。
薬は食後ではなく空腹時に飲むようにしましょう。食後に服用してしまいますと効果が半減してしまうこともありますので食前の服用をお勧めします。食事をする予定がある場合でも空腹時に服用すれば成分が体に吸収され、その後食事をとってもさほど影響ありません。都合上食後の服用が避けられない場合は、なるべく脂肪分の多い料理を避けてあっさりしたもの摂るようにしましょう。食べ物が消化し終わった2時間後ぐらいに服用するといいでしょう。
お酒と併用しても問題はありません。とは言っても、適度な量に抑えることが大切です。アルコールには気持ちを安定させるリラックス作用がありますので、これによりバイアグラとの相乗効果を引き出すことができますが、必要以上に飲みすぎるとバイアグラの効果が見られなくなることもありますのでご注意ください。 バイアグラは性的興奮や性欲増進を促す特効薬ではありません。ですから薬を服用した場合でも性的欲求が無いと勃起は起こりません。勃起を促しやすくさせ持続させることのできるサポート薬として活用するといいでしょう。

 

 

バイアグラの副作用

「頭痛・顔のほてり・動悸・頻脈・紅潮・充血・鼻づまり」といったEDの治療薬ならではの副作用があります。また、バイアグラ特有の副作用もみられます。主に目立って現れるのが「視界」に関する副作用です。周りがまぶしく見えたり、目の前に薄いピンクや青色のフィルターがかかったかのような「青視症」を患うことがあります。これら副作用は、薬の効いているときに現れる症状のため、効果が無くなれば自然と副作用も治まります。初めて服用する方は副作用で戸惑うこともあるかもしれませんが、不安に感じる必要はありません。また、勃起が治まったのに副作用が引き続き現れる場合は医師に相談しましょう。

併用禁忌薬

バイアグラには血流を良くして血圧を下げる効果があることから、高血圧や心筋梗塞、狭心症を抱える方などが服用する降圧剤とあわせて使うと血圧低下を助長させます。特に、重い不整脈といった循環器系疾患用のアミオダロン(商品名、アンカロン)や肺高血圧症のリオシグアト(商品名、アデムパス)といった薬の併用は禁じられていますので注意が必要です。

女性がバイアグラを使った場合

バイアグラを女性が使った場合どのような作用が現れるのでしょうか。
バイアグラを女性が飲んだ場合、男性と同様に顔と体全体が火照りだし、血流の巡りが良くなります。女性には男性特有の勃起現象は当然見られませんが、理論的には膣やクリトリスといった女性器が神経過敏になるかもしれません。しかしこの作用は医学的根拠がないのであくまでも推測です。また女性の場合でもニトログリセリンなどの降圧剤と併用することで急激な血圧低下が見られ、重篤な症状が現れることは免れません。 女性に対しバイアグラの利用はオススメしませんが、ジェネリック薬で女性用バイアグラの「ラブグラ」があります。日本では未承認薬のため病院では処方されていませんので、購入方法は海外通販のみとなっています。体内の血の巡りが良くすることで主に女性性機能障害(不感症)によって見られる性感の欠如や膣内の乾燥、性的での刺激の減退に対して作用し、オーガニズムに達しやすくさせる体質改善効果が見込まれます。

バイアグラの使用期限

バイアグラに限った話ではありませんが、薬には使用期限が存在します。使う側からして見ればよほどのことがない限りこの期限を意識する必要はないでしょう。 確認方法は、通販で購入するほうが明確にわかります。通販で買えるバイアグラは必ず箱に入った状態で届けられますので、錠剤が入った箱の側面に使用期限が必ず明記されています。海外で作られているため文字は外国語となっていますが「Expirationdate(またはExpdate)」に記載されている日付が使用期限となりますので確認しておきましょう。 一方病院の場合、錠剤が入っているPTPシートを直接渡されることがほとんどで一見ではわかりませんので直接薬剤師に問い合わせてみましょう。
バイアグラの使用期限は、薬が製造されてから4年間となっています。

 

 

バイアグラのジェネリック

錠剤の形状は全く異なりますが、バイアグラのジェネリックは同じ成分量で作られていて、安価で購入することができます。医療保険の値段が高い海外ではジェネリックは大変重宝されていて、多くの方が利用しています。 バイアグラのジェネリックだけでも数多く製造されていて、例えば人気・知名度ともにナンバーワンを誇る「カマグラ」や、HIV治療薬を製造するインドのシプラ社製の「シラグラ」などがあり、バイアグラの約半額程度の価格で購入が可能です。 しかしこれらジェネリックは国内では未承認薬のため、日本の病院では処方されていません。そのためジェネリックの購入は「海外通販」「個人輸入」を利用する方法しかないのが現状です。

 

 

・ED ファイザーPhzer

・ED バイエルBAYER

・ED ケアサポート

・ED Yahooヘルスケア

・ED All About