個人輸入代行とは?

個人輸入とは?

EDの治療薬は病院の他にも、海外から直接取り寄せる「個人輸入」という形で購入することができます。これは日本の法律でも違法とならない方法です。 個人輸入とは、利用者が海外から直接手続きして商品を取り寄せる方法です。このような形で商品を購入する機会は少ないかと思いますが、病院で処方される薬をネットで購入する際は個人輸入という形が最も一般的です。個人輸入は薬に限らず家具や生活雑貨などを海外から商品を取り寄せる際に誰でも利用ができますし違法性もありません。また、海外の業者と直接コンタクトが取れない方でも個人輸入代行サイトがサポートしてくれますので安心して利用することができます。一般の方が個人輸入を行う際、そのほとんどが個人輸入代行サイトを利用して購入しています。

 

 

通販で購入ができる仕組み

日本の薬を取り扱う薬機法では、国内で製造する薬は国内でのみ販売できるとなっています。その為、日本で造られているEDの治療薬は病院でないと入手できません。 しかし海外で製造された薬に関しては、現地から「個人輸入」という形で取り寄せることが可能です。どういう訳で可能なのかといえば、海外で生活していた方が日本に移住した際、現地で使用していた薬が日本で使えなくなってしまうというのは患者にっとって大変不便だからです。ですから現在は「個人が使用する薬」に限って海外から取り寄せることがが可能となっています。 また、海外に住んだことの無い方でも個人輸入は利用できます。

 

個人輸入代行業者とは?

海外の医薬品を取り寄せる場合、本来なら購入先に本人が直接問い合わせをする必要があります。しかし連絡をとる場合、基本的に全て外国語での対応となります。対応できる方なら良いのですが、ほとんどの方は難しく感じることでしょう。 個人輸入代行業者は、ユーザーと購入先と間に立つことで代行業者円滑に購入出来るように両者のサポートを行います。
医薬品を取り扱う代行業者にはED治療薬など海外で販売されている様々な薬がラインナップされていて、個人輸入の手続きを日本語で行うことが可能でます。商品代金を支払って手続きが完了すると今度は代行業者側が海外の業者に購入の問い合わせをし発注手続きを行った後、海外から直接お客様の自宅に届けられます。

 

病院処方と海外通販との違い

病院処方の場合

通院してED治療薬を入手する場合、薬代以外の費用も必要になります。一括りにこのような形とは言えませんが概ねまず診察料が生じます。初めての方は初診料、そして2回目以降は再診料が合わせてかかります。また薬は、薬そのものの薬代に加え、病院側が作る調剤料(胃薬等)も合算されます。このように病院で処方するとなると本来の薬代以外の費用がかかり、経済的負担は決して少なくありません。加えてED治療は保険適用外ですので負担額はさらに膨れ上がります。

 

海外通販の場合

その点、海外通販でかかる費用は薬代と送料のみです。海外通販の薬は日本の病院で処方されている薬も数多く販売されています。また、本来必要な処方箋も海外通販で購入する場合は必要ありません。薬の単価自体も病院処方の場合より非常に安価な場合が多いです。当然 送料は必要になりますが全国一律1000円程度がほとんどで、10000円以上の購入で送料がサービスになるサイトもありますので、病院処方の場合と比べてコストパフォーマンスが良いといえるでしょう。 ただし、デメリットとしては、海外からの商品取り寄せですのでどうしても到着までに時間が掛かります。商品到着までに2週間程度はかかりますので、使用したい日から逆算して購入することをお薦めします。

 

通販のメリット

1.国内で買うよりも断然安く購入できます。
2.日本で販売されていない薬も購入可能です。国内では未認可のため病院で処方できない薬も海外から取り寄せることで購入することが可能です。ED治療薬のジェネリックの大半が日本では未承認のため病院では処方されませんが、通販で取り寄せることができるため選択の幅が広がることでしょう。
3. 薬代、送料以外かからない。通院の際にかかる診察代や調剤代などの費用はかかりません。
4.秘密に購入できる。 通販の場合、処方箋が必要ありません。そのため病院に行く必要が無いわけですから病院内で知り合いと偶然会う心配もなければ、病院での受付も不要です。また通販を利用した際、注文した郵便物は自宅へと届けられますが、郵便局留めを指定して受け取ることも可能です。

通販のデメリット

1.商品到着までに時間がかかる。海外から薬を取り寄せる形となりますので、注文した日から約10日から20日前後かかる可能性があります。
2.薬の説明文等が外国語である。また、海外で製造されている薬ですので当然、箱や添付文書(説明書)は外国語表記になっています。ただし、薬を購入した通販サイトには使用方法や飲み方、効果・副作用などが日本語で掲載されています。
3.偽物の場合がある。人気のある薬には偽物が作られている場合がよくあります。世界的に人気の高いED治療薬のバイアグラの偽物は数多く発見されいます。偽物には精巧に作られているものもあれば雑に作られてるものまで幅広くあります。通販で購入する場合は信頼できる通販サイトで購入するようにしましょう。

 

 

梱包について

ED治療薬の使用は正直言って、周囲の人に言えるようなことではありませんし、家族などにも出来るだけ内緒にしておきたいものです。しかし特に心配する必要はないと思います。 通販購入の際の梱包には原則プライバシーに配慮をしています。見た目ではほとんど何が届いたのかわからないくらいです。しかし、海外からのお届けであることは分かりますので、注意も必要です。自宅以外の方法として「郵便局留め」での対応が可能ですので、選択肢の一つとして覚えておくといいかもしれません。

 

代行サイト利用時の注意点

個人輸入の代行サイトを一度活用すれば、手続き自体に難しさを感じることはきっとないでしょう。しかし薬を通販を利用する際、注意してほしい点があります。 まず、バイアグラを含め、ED治療薬は粗悪品や偽造品が多く出回っているのが現状です。インターネットで取り引きをする点を悪用し、相手が見えないことを理由に偽造品を販売するケースも少なくありません。代行サイトを利用して薬を購入する場合、サイト内に特定商法取引表記が明記されていることを確認しましょう。これはサイト上で商品を販売する際に必ず明記しなければならないもので「会社名、所在地、電話番号、責任者(代表者)の氏名」などがきちんと書かれていれば信頼できるサイトと言えるでしょう。また、支払いは完了しているのに商品が送られてこないという問題もよく見られますが、これを回避するためにも利用する代行サイトをきちんと見極める必要があります。そして、代行サイトで購入できる商品はすべて個人が使用するものに限られます。つまり友人のため、家族のためにといったような形で注文することはできないという訳です。個人輸入という名前がついてる通り、あくまでも自分自身のための購入に限られています。

 

 

・ED ファイザーPhzer

・ED バイエルBAYER

・ED ケアサポート

・ED Yahooヘルスケア

・ED All About